文档库

最新最全的文档下载
当前位置:文档库 > 日本日历上的文字的含义

日本日历上的文字的含义

日本日历上的文字的含义

我们中国有老黄历,就是某日宜什么忌什么,分得比较细,而日本的文化是继承了我国的衣钵,所以也有黄历。而他们的就相对来说比较简单,按顺序分成6个日子 --先胜、友引、先负、佛灭、大安、赤口,循环往复,这叫" 六曜" ,历史由来我就不介绍了,具体介绍下这6个日子吧。

先勝(先胜)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。万事に急ぐことが良いとされ、また午前中は吉、午後は凶とも言われる。「せんかち」が一般的な読みだが、「せんしょう」「さきかち」とも読まれる。

" 先行即胜" 的意思。曾经还写成" 速喜"" 即吉" 。就是说任何事只要做得快就好,或者说上午为吉,下午以后为凶的意思。一般念"sen ka chi",也可以念作"sen shou""sa ki ka chi"。

友引

「凶事に友を引く」の意味。かつては「勝負なき日と知るべし」と書かれていて、勝負事で何事も引分けになる日とされており、現在のような意味はなかった。陰陽道で、ある日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとする「友引日」というものがあり、これが六曜の友引と混同されたものと考えられている。

葬式·法事を行うと、友が暝土に引き寄せられる(すなわち死ぬ)との迷信があり、友引の日は火葬場を休業とする地域も多い。「ともびき」という読みが一般的となっているが、「ゆういん」と読むこともある。

" 不吉利的事情会拖朋友下水" 的意思。以前写成" 无关胜负之日" ,就是说这一天什么事都不分胜负或者说不分好坏,没有现在的意思。在" 阴阳道" 记载中,有于某日某方向作法事会牵连到朋友的所谓" 友引日" ,可以认为是这种说法影响了现在的" 友引" 概念。有一种迷信说,在这天作葬礼、法事的话,就会使死人把一个朋友带走,所以" 友引" 日很多火葬场都不营业。(不过我听日本人说,这天相反结婚会很不错,因为会把喜气带给某个未婚的朋友,使他/她早日找到如意伴侣。所以这天一般是大安外,婚礼会场、酒店生意最好一天。) 一般念作"to mo bi ki",不过也有人念"yuu in"。

先負(先负)

「先んずれば即ち負ける」の意味。かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面に連られて現在のような解釈がされるようになった。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。また、午前中は凶、午後は吉ともいう。 「せんまけ」が一般的な読みだが、「せんぶ」「せんぷ」「さきまけ」とも読まれる。

" 先行即负" 的意思。以前还写成" 小吉"" 周吉" ,所以算是吉日,但是现在根据字面解释成了另一种意思。任何事都平和一点比较好,应该避开分胜负的事和紧急的事。另外,上午为凶时,而下午以后就是吉时了。

免费下载Word文档免费下载: 日本日历上的文字的含义

(共3页)

TOP相关主题