文档库

最新最全的文档下载
当前位置:文档库 > 日本妖怪の类型研究

日本妖怪の类型研究

2012年第九回日本語教育?日本研究シンポジウム

― TRIZ (トゥリーズ)で見る日本妖怪の類型研究―

Study of Japanese Ghosts analyzed by TRIZ Theory

林瓚洙 (Lim chan soo, 中央大学)

安煇繡 (An hwi su, 中央大学)

要旨

本研究は日本の妖怪のイメージを江間務の帰納的妖怪形態分類法とTRIZ(トゥリーズ)

という道具を利用してどういうパタンで構成されているかを究明しようとした試みである。その究明によって日本人の美意識や創造原理のコードを図ることができると思われる。資料としては日本全国に伝わる妖怪をまとめた『日本の妖怪伝説』に記録されているものを対象にして、それを江間務やとトゥリーズよって分析をした。その結果、単独で人間の姿をした妖怪が一番多くて、次は人間+動物の姿の順になっている。トゥリーズの分析では、単純構造の姿から複合的構造の形に変わっていくし、特徴的な姿から<分離>、その上<中

間媒介物>の挿入、<属性変化>が行われている。<属性変化>の中には<局所的性質><パラ

メータの変更><ダイナミックス><色の変化>がよく使用されているのが見つかる。その結果、単純でインパクトある模様になっていくのが分かる。

キーワード:妖怪; 日本文化; 審美意識; TRIZ (トゥリーズ); 江馬務