文档库

最新最全的文档下载
当前位置:文档库 > 日语书信的基本格式

日语书信的基本格式

1.頭語 おなじみの「拝啓」「謹啓」をはじめ、「拝復(返信の場合)」、「前略(急ぎ の場合)」など、冒頭に書く手紙固有の挨拶語です。 女性のプライベートな手紙の場合は省く方が普通です。もしくは、 「ひと筆申 し上げます」「前文お許しください」や「謹んでお手紙差し上げます」などを 柔らかい表現を使う方がいいでしょう。 2.前文 時候の挨拶、相手の近況(安否)を尋ねる、自分の近況(安否)を知らせる、と いうのがいわば三大要素ですが、 場合に応じて全部揃っていなくても構いませ ん。 最近会ったばかりなのに 「お元気ですか」などと書くのは違和感がある場合も あります。 「前略」「冠省」など、急ぐことを示す頭語を使う場合は、前文は省いた方が いいでしょう。

3.末文 健康を祈る、返事を求める、などを使います。 結語は頭語と対応させて「拝啓」なら「敬具」、「前略」なら「草々」などと 決まっています。 4.あとづけ 日付、自署、あて名を入れます。 手紙の基礎知識 頭語と結語 頭語は手紙の冒頭に書く「こんにちは」にあたる言葉です。 結語も手紙の結びに書く「さようなら」にあたる言葉で、頭語に対応した言葉 を使うのが一般的です。 手紙を出す相手や状況によって様々な頭語?結語の表現方法があります。 頭語 一般的 拝啓 拝呈 啓上 一筆申し上げます 謹啓 恭啓 粛啓 謹白 謹呈 謹んで申し上げます 急啓 急呈 急白 とり急ぎ申し上げます 結語 敬具 敬白 拝具
改まった手紙
敬具 謹言 謹白 頓首 敬白
緊急の手紙
早々 敬具 拝具 草々 不一 敬具 敬白 謹言 頓首 敬具
初めての手紙
初めてお手紙を差し上げます 突然お手紙を差し上げる無礼をお許し下さい
返信
拝復

復啓 謹復 お手紙ありがとうございました 御状(貴簡、ご書状、お手紙)拝見(拝読)いたしました 再信 再啓 追啓 再呈 重ねて申し上げます 前略 冠省 略啓 前文失礼いたします 前文お許し下さい 前文お許し下さい
敬白 拝具 拝答
敬具 敬白 拝具 再拝 草々 早々 不一 不尽 不備 かしこ
略式
時候の挨拶 手紙の中で頭語のあとにくるのが時候の挨拶です。 季節感あふれる時候の挨拶をご紹介します。 ? 寒さもいっそう身にしみる昨今ですが、 ? 寒中とはいえ、 ここ数日はあたたかい日が続いており ますが、 ? 各地の大雪のニュースを見聞きするにつけ、 ますます 春の訪れが待たれる昨今ですが、 ? 立春とは名ばかりで、 寒さのきびしい日も少なくあり ませんが、 ? 梅のつぼみもほころぶ季節となりましたが、 ? まだまだ余寒きびしい日が続きますが、
? ? ? ? ? ?
日ごとに春の訪れを感じるようになりましたが、 ようやく日ざしに春らしいあたたかさが感じられる ようになりましたが、 春とはいえまだまだ冷え込む日も少なくありません が、 色とりどりの花が咲きそろう季節となりましたが、 葉桜が目に鮮やかな季節となりましたが、 ここ数日の春雨に、朝晩は少々冷え込んでおります が、

? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
すがすがしい風が、 青葉若葉を揺らす季節となりまし たが、 晴天が続いた連休も終わりましたが、 すがすがしい初夏の風に吹かれ、 心もはずむ季節とな りましたが、 降り続く長雨に、日の光が恋しい季節ですが、 今年もまた庭の紫陽花が美しく咲く季節となりまし たが、 雨垂れの音が、ひっきりなしに続いている毎日です が、 いよいよ夏本番を迎え、 うだるような暑さが続きます が、 7 月に入り、子どもたちも夏休みを心待ちにしている ようですが、 大暑を迎え、寝苦しい夜が続きますが、 夏も終わりに近づき、 虫の声が聞かれるころとなりま したが、 立秋を過ぎたとはいえ、 焼けつくような暑さが続きま すが、 吹く風にいくぶん涼しさが感じられるようになりま したが、 残暑もやわらぎ、 さわやかな秋風が吹くころとなりま したが、 一雨ごとに涼しくなってまいりましたが、 さわやかな秋晴れが続き、 どこかへ足を伸ばしたくな る昨今ですが、 色づいた街路樹に、 秋の深まりを感じられるようにな りましたが、 あちらこちらから紅葉便りを耳にするようになりま したが、 抜けるような青空に、 秋たけなわを実感する季節とな りましたが、 朝晩の冷え込みが、 日ごとにきびしくなってきました が、 各地からは雪の便りも聞こえてくる季節となりまし たが、 公園に降り積もった落ち葉に、 過ぎ行く秋を感じるこ ろとなりましたが、 年の瀬も押し迫ってまいりましたが、 年の瀬の商店街は連日の大賑わいを見せていますが、 木枯らしが吹き、 寒さが身にしみる季節となりました が、